« 妊娠初期から(2) | トップページ | 不安(2) »

2006年7月 2日 (日)

不安(1)

お腹も少し目立ちはじめた頃から、なんとなくいつもお腹に違和感があった。

痛い・・・張る・・・検診に行ってもきちんと説明出来ないような違和感。
足の付け根が、痛い。歩く時はいつも下腹部に手をあてて、小足で歩いていた。

午後、お姉ちゃんを幼稚園にお迎えに行く頃には、お腹が痛くって痛みがなくなるまで車からおりても歩けない事もあった。

今思えばやっぱりこの頃からおかしかったんだよね。赤ちゃんがサインを出していたんだよね。でもママは毎日一生懸命家事と仕事と子育てをしていて・・・。

お兄ちゃんの時もその頃出血あったけれど、出血はないから、横にさえなっていればいいかな?と思っていた。少しでも多く横になっていれば大丈夫と思っていた。

この頃から、仕事も午前中だけ、午後は自宅で横になる事が多かった。
お腹も大きいもの体もだるくなるよね。

それでもエコー画面で見る赤ちゃんはいつも元気だった。検診の時はいつもお姉ちゃん、お兄ちゃんも一緒。元気な赤ちゃんの姿をいつも一緒に見ていたよ。二人ともとても喜んでいた。

5回目の検診。
2003年1月7日、21週と4日
この頃はつわりが大分落ち着いたものの、食後はムカムカする事があった。
男の子を望んでいたが、きっと女の子かな?と思った。
頭が上だった。

6回目の検診。
2003年2月4日25週と1日、
最後の検診となった。

その日は幼稚園もお休みだったので、お友達とお昼を一緒に、それからお姉ちゃんの通っている教室へ通い、夕方から検診へ。

いつも気になっていた。なんとなく・・・先生がエコーを見る時間が長い。無口な先生。何も言わない。性別を聞いたがこの日も結局向きが悪く分らなかった。

今回も頭が上だった。まだお腹の中で向きを変えているので、逆子という時期でもないという事だが、お兄ちゃんは逆子で帝王切開をしていた。お腹も頻繁に張る。お兄ちゃんの時もそうだった。

逆子体操すれはすぐ直るって言うけど、あの体操・・・結構キツイ。
お兄ちゃんの時もお腹が張っていて、破水が怖かった。だからあまり出来なかった。
今回もしない方がいいんだろうな。もしかしたら今回も帝王切開になるんだろうな。

不安だった。けれどそれでもと覚悟していた。

|

« 妊娠初期から(2) | トップページ | 不安(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116388/2501182

この記事へのトラックバック一覧です: 不安(1):

« 妊娠初期から(2) | トップページ | 不安(2) »